役割

 

色々書く。

コピーや経済のことも書ければ。

Remove all ads

モディリアーニのライフサイクル仮説

〜消費に関わる仮説だよ〜

•フィッシャーのモデルを使って消費の研究をした(1950年代)
•消費者は高所得の時期から低所得の時期へ、貯蓄を使って所得を移せることを強調。

 

(1)仮説の内容

 

所得変動の重要な理由:退職
働くことをやめることを計画。

 

退職時に所得は大きく減るが、
消費水準を大きく減らしたくない。
→貯蓄の動機

 

例、T年生き、Wの富を持ち、R年後に退職するまで、Yの年収を得る人。

所得を一定にするにはどうすれば良いか?

※利子率ゼロを仮定

 

CT=W+YR
C=W/T+RY/T<W/T+Y(Yがある間は貯蓄)
W/R+RY/T>W/T(Yがなくなったあとは貯蓄を切り崩す)

 

消費は所得Yと、ストックとしての富Wの両方に依存

 

個人によってW/TとR/Tは異なる。

が、全ての人が、このように消費を決めるなら
C=αW+βY

 

(2)含意

消費の謎:C/Y(平均消費性向)が長期では安定している。

(短期、あるいは家計データでは、所得が上がれば平均消費性向が上昇する とケインズが示していた)

 

短期的にはWは一定、
しかし長期的にはWが増えるので、
それに伴って消費関数は上方シフトする。

 

他の含意

 

スタートW=0の人にあてはめると、
貯蓄を止める頃にWが最大になる。

 

現在の高齢者はライフサイクル仮説が予測するほどには、貯蓄を切り崩さない。
(退職後の消費を標準化させるのに必要な切り崩しペースよりも、遅い)

理由は2つ
①予備的貯蓄
→長生きリスク、高額医療

②遺産

かじかむほどではないけれど


ここのところ非常に寒い。
盛岡で過ごした18年間はなんだったのかと言うほど寒さへの耐性がなくなっている。

10歳の頃過ごした家は、隣が空き地で、近所の友達と3人で毎年かまくらをつくった。
ある年はかまくらの前段階の雪山を積みあげるモチベーションがいまいち上がらず、早々に掘り進めたところ、匍匐前進でしかはいれないかまくらが出来上がった。
我が家が隣なので、母親がココアを3杯入れて届けてくれるも、うつ伏せで飲むので、まぁこぼす。
こうして床が茶ばんだ平べったいかまくらが空き地で冬を越す。
あの頃の他の2人はいまどこでなにをしているのか。

季節に対する感情は基本的に無くなったと思っていたけど、冬の冷たい風に打たれると苦笑いだ。

読了ありがとうございます。
夏はみんなで暑い、冬はこっそり暖をとる。

慣性


銭湯は良い。1人でも行ってしまう。
天井が高くて、風呂が広い。
混んでいると気になるけど、独り占めすると良さが無くなる気がする。
いつか大衆浴場を経営して、朝から入れるようにしたい。
ユニットバスの朝風呂に入りながら、昨日の銭湯の記憶を思い出してそんなことを考える。

大学時代の友人達と飲んだ。
大学二年生夏のハンドボールサークルの夏合宿。
これ以来、私は惰性で生きている。
そしてこれからも。
それくらいに人生が詰まっていた。

仕事で提案に失敗して、
その日に新しい案件を得た。
落ち込んで喜んで、気持ちが忙しかった。
穏やかに。

読了ありがとうございます。
投げたボールはぐんぐん進む。

Remove all ads

ラグランジュ乗数法


効用最大化問題を解くと需要関数になる。

効用最大化
max u=(x1,x2) s.t. P1x1+P2x2=I

ラグランジュ乗数法で解く

Step1:ラグランジュ関数Lをつくる。

(X1,x2,λ)=x1x2+λ(I-P1x1-P2x2)

Step2:(x1,x2,λ)で偏微分して0と置いて解く

∂L/∂x1=x2-λP1=0...①
∂L/∂x2=x1-λP2=0...②
∂L/∂λ=I-P1x1-P2x2...③

①/②の形にしてλを消す

x2/x1=P1/P2...④

x2=P1x1/P2を③に代入

I-P1x1-P2x2=0

したがって、x1✴︎(P1,P2,I)=I/2P1

④に代入
X2✴︎=(P1,P2,I)=I/2P2

経済学的にはここまででOK

一応λを求めると
①より
λ✴︎(P1,P2,I)=I/2P1P2

完了

Lはちょうど最適の時の残金を考慮した効用関数を示す。
λは制約の効き具合の指標になる。

つくるって

先週から苦しんで書いたコピーは結局評価を得られなかった。
ディレクターが直したものを出した。
これじゃあ実績にならない。
「アートじゃないんだよ。」と、お言葉をもらった。
たしかにそうなんです。わかっています。
深く考えても、それをわかってもらう言葉が見つからないんです。
だからといって分かりやすくすれば、途端に凡庸で浅はかになるんです。

一行という短い文章で勝負するのは、
短距離走に似てると思う。
雑誌など長文のライティングは長距離走
短距離走では瞬発力が必要なんだけど、
筋力も足りず、フォームもなってないぼくの走りじゃ何度やり直しても人が認める合格ラインを超えられない。
少しずつ、少しずつ、タイムを縮めていくしかなさそうだ。

無から有をつくることはできない。
ふと、人が口にするのを思い出した。
確かに、カレーを作るにはお米やカレールー、にんじんやじゃがいもが要る。
そういう意味ではある程度正しいのかもしれない。
つくるとか、生み出すって、今まであったものを組み合わせたり変化させたりして、それまでなかった物にする。ってことなのかもしれない。
確かにつくったり、生み出したりする前は、そのあとできるものはないという意味では無かもしれないけど、有の材料は揃ってて、料理するだけなんだよね。

読了ありがとうございます。
無の材料もあるのかもね。

Remove all ads

ピエロ


そぞろ歩きなどしていると、
気分は晴れてくるし、なにかを思いつくこともある。

 

20年前、Ear Podsをつけている人を見ても、補聴器にしか見えなかっただろうなとか。

 

 f:id:icantthankyouenough:20171210191903j:image

Facebookのアカウント名が偏ったあたまになってしまった。
誤操作の末であり、我ながらマヌケである。一度名前を変更したら60日間変更できないので、2ヶ月は「偏ったあたまさんがいいね!と言っています。」なんて表示される。
まぁ、あまり活動しなければいいだけのことなんだけども。

 

f:id:icantthankyouenough:20171210191855j:image

とか書いてたら知り合いのパンケーキの写真が美味しそうで、いいね!を押してしまった。
あぁ、もう!

ナッシュ均衡は互いに最適反応を持つ状態
最適反応は利潤関数から求める

ITというホラー映画を見て来た。
怖がらせてみろ〜くらいの意気込みだったが、手汗が止まらなかった。
辛いラーメンを食べるみたいに、終わりのあるストレスをあえて好むことがある。

読了ありがとうございます。
怖いもんは怖い。

Remove all ads