損害保険

 

将来起こる事故のリスクを分散しようとする。

この際重要なのがリスクの正確な予測だ。
上振れでも下振れでも、よろしくない。

 

このことについて保険業界で働く友人に尋ねた。
曰く、部署を分けて取り組んでいるらしい。
保険という商材を売る営業部門、
将来予測を統計的な分析や計算を通して行う部門。
後者はアクチュアリーという資格がいるという話だ。

 

また、売り先の企業の事故率に応じて、
価格の調整を行うことで、平等にする。

この、顧客が平等、という状態が大切でそのために苦労しているとのことだ。

事故が起こるリスクはゼロにはならないため、これらの仕事が安全を提供しているのだと感じた。

 

安全とは、許容できる失敗可能性の範囲内のこと。
失敗の可能性を許容できないものから、許容できるものに変えるのが損害保険だ。

Remove all ads